株式会社兼目工業 事業内容

足場組立工事scaffold

建築物を直接作る為のものではなく、新築・改修工事を行う際に作業員が必要とするネットや防壁等仮設の『囲い』や、高所作業を行う為の単管パイプ・枠組み等の既成足場材を用いた『足場』などを設置・撤去する工事です。 工建材・道具を移動させる為に必須となる工事用のエレベーター、タワークレーンの組立・解体工事も行います。

足場組立工事

くさび式足場

くさび式足場は低コストかつ短期間で設置が可能でありながら高い強度と耐久性を兼ね備えた非常にメリットの多い足場で、安全性が非常に高くコストパフォーマンスにも優れている為、兼目工業では数多くの足場の中からくさび式足場を採用し、殆どの現場で使用しています。 文字通りくさび金具(凹・凸金具)が備えられており、金具同士をハンマーで打ち込み固定し、鋼管の支柱を一定間隔ごとに配置しながら緊結部付きの水平材・斜材を繋ぎ合わせて足場を組み上げていきます。 低・中層建築物の工事に適しています。

メリット
  • 高強度・高耐久
  • 短期間設置による作業時間の短縮
  • 組立・解体が簡単
  • 人件費を抑えられるためコストパフォーマンスに優れる
デメリット
  • 作業現場・建築物によっては設置できない場合がある

枠組み(ビティ)足場

ビルなどの建設現場などで主に用いられる最もオーソドックスな工法の足場で、鋼管を門型に溶接された建枠に交差筋違・鋼製布板等の基本部材を組み合わせ、積み上げて構成します。 強度も高く、高層ビル・マンション建設等比較的高い建物に適用される工法です。

メリット
  • 組立・解体が簡単
  • 設置が比較的短期間で可能
  • 高強度
デメリット
  • コストが高くなる場合がある

単管(鋼管)足場(一側足場、二側足場含む)

直径48.6mmの「単管」と呼ばれる鉄パイプを組み合わせて建てる工法で、縦横の幅がある程度自由に決められるため、小規模な工事や作業現場、ビルの間などの狭い場所、メイン足場の補助としての足場として用いられます。 2本の支柱の間に歩み板を並べた「二側足場」、1本の支柱に付けた腕木(ブラケット)の上に歩み板を並べた「一側足場」があります。

メリット
  • 高所にも適用可能
  • 狭い敷地でも設置可能
デメリット
  • 工期が長くなる場合がある
  • 部材が重い

手すり先行足場

足場の組立・解体を行うにあたり、作業員が足場を使用する前に先行して手すりを設置し、安全性を高める工法。 『手すり先送り方式』『手すり据置き方式』『手すり先行専用足場方式』の3方式があり、常に外側を手すりで囲まれた状態で作業ができるので、墜落する危険性を抑えることができます。

メリット
  • 墜落・転落事故のリスク軽減
デメリット
  • 作業効率の低下

移動式(ローリングタワー)足場

鋼管をやぐらのように組み上げ、下部に付いている可動式のキャスターで簡単に移動ができる足場です。 天井・壁などの仕上げに使用されます。

メリット
  • 移動が容易
  • 組立・解体が簡単
デメリット
  • 設置できる場所が限られる

鉄骨工事steel frame

建造物の骨組を組立てる工事を行います。 近代の住居や店舗を始めとした建築物、特に高層建築物においては鉄骨は欠かせないものとなり、構造物の発展=鉄骨工事技術の発展と言い換えても過言ではないでしょう。 基礎工事が完了した状態から鉄骨工事が始まるのが一般的で、ボルト締め・リベット打ち等で鉄骨同士を接続していきます。

鉄骨工事

鍛冶工事blacksmith

ボルト締め、デッキプレート貼り、アーク・ガス他各種溶接・切断など、鉄骨を設計と寸分の狂いなく組み上げるため、熟練の鍛冶工職人による精密な工事を行います。 現場で詳細な設計図を元に鋼材を一つ一つ切り出し、精巧かつ精密な技術で組み上げる事こそが、数十年~百年以上維持する建物を作るために欠かせないポイントです。 高い技術と経験こそが設計誤差なく、一切の狂いもない鋼材の組み立てを実現し、それこそが職人に必須の技能なのです。

鍛冶工事

施工実績portfolio

兼目工業で施工した実績を一部ご紹介致します。

物件名
建築用途
建築場所
施行日
老人ホーム新築工事
福祉施設
栃木県
2017/12
某社新築工事
物流倉庫
栃木県
2017/11
マンション改修工事
住居
東京都
2017/08
コメリパワー新築工事
店舗
千葉県
2017/04